いとしのチーコ

おもしろニワトリ“チーコ”についての備忘録

天敵あらわる!

 

にわとりって、警戒心が強いんです。

 

比較的遠くにいる野良猫やら、空高くを飛んでるカラスなんかであっても素早く察知し、ず~っとそっちの方向から目をそらさず、「コ・コ・コ・コ・コ…💦」って感じの警戒時にだけ発する独特の小刻みで大きな声の鳴き方をして家の中にいる人間にピンチを知らせてくるんです。

『早く守って~!』とでも言わんばかりに…😏

我々が外に出て行くと、チーコは鳴くのをやめ、サーッとこちらに駆け寄って来てしばらく足元から離れようとしませんでしたね🐔

 

猫やら自分より大きい鳥やらはやたら怖がるくせに、とにかく人間の事は大好きで全く恐れておらず、しかも自分の事をあまり構ってくれない人物なんかに対しては不意に靴とかに飛びかかって思い切り突きにいくぐらい強気な行動をとったりもするんです💢

私の親父の事なんですけどね、その人物ってのは。

親父は全然可愛がってませんでしたから、チーコを。

産んだ卵は喜んで食べてたくせに(笑)😆

 

そんなチーコが顔を見ただけで飛んで逃げ出す人物があらわれたんです!😲

 

近所の家に小学校に入るか入らないかぐらいの男の子がいました👦

当時その子がよくウチにも遊びに来てたんです。お友だち何人かと一緒に。

みんなチーコに興味津々で、恐る恐る近づいてみたり離れたりしてキャッキャ云ってた訳なんですが、その内すっかり慣れてしまったのか、ある日の事、リーダー格のその男の子が大胆な行動に出ました💧

チーコのトサカをつかみ、そのまま思いっ切り引っ張って自分の方へグッと引き寄せたんです~😱💦

 

「ク、クワッカカカ💦 クワーッ…💦💦」

 

何とも上手く表現しずらい鳴き声を発しながら、チーコはその場から猛ダッシュで逃げていきました💨

今までにそんな事をされもしなかっただけに相当痛かったんでしょうなぁ…😅

そのハプニングがあってから、チーコはその男の子がそばに近づいてくるだけで一目散に逃げていくようになったんです。

決して忘れないんですよ、にわとりって賢いから😊

 

でも、人間を信用してくれていたはずのチーコのそんな可哀想な姿を見てしまったのにはちょっとショックでしたけどねぇ…😓

 

 

あ、そうそう…

そのウチに遊びに来ていた男の子たちの中に、後に有名なミュージシャンになった子がひとりいるんですよー!

海外でもライブを演ったりした事もある絶賛活躍中の人気バンドのメンバーのひとりなんですがね…🎶

 

チーコの事、今でも覚えてくれてるかなぁ…笑😉

 

 

☆インスタもやってます📷https://www.instagram.com/aran_araki/

 

☆いいね!必至のメインブログです✒️

http://blog.mogitate-dystopian.com/

 

朝起こしにくるニワトリ

 

室内飼いのワンちゃんやニャンコが、

“エサくれ~”

って、毎朝枕元まで起こしにくる話しはよく

あると思うんです😊

 

ウチのチーコはあまりにも朝早くに鳴き出し

て近所迷惑になるもんですから、まだ薄暗い

時間に小屋から出して外でフリーに遊ばせて

たんですね、それこそ毎朝🐔

 

家族が起きだして玄関や勝手口や小窓なんか

が開く頃、もうチーコはそのどこかをウロウ

ロしていて、スキを見計らって家の中へ入り

込もうと企んでるんです(笑)😁

 

なぜなら、

人間が恋しいのと、

勝手に自分のエサ場にしてるハイザーの所へ

行きたいのと、

もうひとつが、私の親のイタズラに付き合う

ため…😲

 

子供の頃って自分の意志では起きずに、たい

ていは親に起こされてましたよね。

それでも中々目覚めずに、最後は親がキレて

怒鳴る…ってパターン(笑)😆

私も朝が弱くてよくキレられてましたが、そ

の内、親が私に対する斬新な朝の起こし方を

編み出したんです💡

 

私はいつも家の2階で寝ていたんですが、ま

んまと1階に上がり込んだチーコに階段をの

ぼらせ、枕元まで誘導して私の顔をつつかせ

るという…目覚まし界の荒業を毎朝駆使して

くるようになったんです😅

 

もうこうなると飛び起きざるを得ません💦

あまり長く家の中にいさせるとウンチとかし

ちゃうかも知れないですしね💩

それが顔面なら最悪です(笑)😱

 

チーコが若くて元気な頃は毎朝これが続きま

したねぇ…😊

晩年はチーコも体力がなくなって階段をの

ぼる事さえ出来なくなっていましたが…

 

ま、その頃は私も目覚まし時計を使って自力

で起きてましたけども(笑)😆

 

でも、枕元でココココ鳴いてるチーコはホン

ト、可愛かったですねぇ…😄🐔

 

好物ゲットは体当たりの果てに

 

最近は便利になりましたよね、コンビニや大型ショッピングセンターやアマゾン…

ペットの餌が昔に比べて遙かに入手しやすくなったのではないでしょうか☝

でもその分ペットショップは激減してるような気も…😓

 

チーコがいた当時、たまたま家の近くにペットショップが1軒ありまして、ひと月に1回くらいのペースで袋に入った餌を必ず2つ、キコキコ自転車で買いに出掛けてました😊

 

でね、にわとりの餌の食べ方ってダイナミックなんですよー☝

くちばしで餌箱をズンズン掘りながら食べる感じ…

そんなだから、ほとんど餌箱の外にこぼれ落ちちゃってる(笑)

だから早いんです、餌がなくなっちゃうペースが💧

それで毎回2袋買ってたんですね😱

 

主に穀物が配合された餌でしたが、チーコの大の好物は他にありました…

それは…

スイカと米だったんです~😁☝

 

スイカなんて、人間でもそこまで食べないよ!ってくらい赤身の下のまだ下の、硬い皮の付近までつっついてたいらげるんです(笑)

よほど口に合ったんでしょうねぇ…😉

 

で、米なんですが、

チーコには米を口にするまでのルーティン?がありました。

 

それは…☝

 

台所の勝手口の前までやってきて…

中で人の声が少しでも聞こえたらココココ騒ぎ出し…

戸をくちばしでつついて中へ入れろ!とアピール…

それでも反応がないと何と戸へ体当たり!!…

仕方なく折れて戸を開けると…

もっと早く入れんかい!とでも言いたげに顔を真っ赤っ赤にして…

ハイザーへ一目散に駆け寄り…

自分でくちばしを使ってちょんちょんとレバーを押し下げ…

何分力が弱いもので、ちょろっとしか出てこなかった米を一心不乱についばむ…

 

毎回このパターンなんです😁

 

“ハイザー”ってご存知ですよね?

例えば、1合のレバーを下げると1合分、2合のレバーなら2合分…といった感じで自動計量して下方の排出口から米が出てくる家庭用の“米びつ”の事なんですが…

 

チーコ、エライでしょ!😏

人がいつもこうやって米を取り出して、自分にくれるって事を見てて覚えてるんです😲

この事もね、当時から誰かに言いたくて伝えたりしても、まあ100%は信じてもらえませんでしたね😅

 

あ、そうそう…

戸に体当たりまでして、仕方なく開けさせる事に成功した後、

『何よ、もう!…』

とでも言いたげに、

“フュン!”

って感じの声を必ず発してましたわ(笑)

 

ああ… またあのルーティンを一通り見てみたい…😌

 

鳥の衣替え

 

毎年12月に入った頃からかなぁ…

にわとりの羽って徐々に抜け出すんですよー😲

 

年末から年始にかけて、新しい羽に生え変わらせようとする習性があるんですね☝

そんなに傷んでもなく見えるのですが、何故かこの一番寒い時期に裸ん坊になろうとするのです(笑)

 

で、この時期のにわとりってちょっと様子が変になります。

不安感からか情緒不安定になってるのかよく分かりませんが、とにかく私たちさえ避けて物陰に隠れようとします😱

そばへ寄って行っても逃げる逃げる(笑)

 

だんだん羽が生え揃っていくにつれて、元の人懐っこいチーコに戻ってくるんですが、2月くらいまでこのオドオドが続いてたかな。

 

確かに真っ白できれいでしたね、生え揃った“直後”は…

 

というのも、砂浴びが大好きな仔でしたので、砂にまみれる度に色がくすんできて、せっかくのおニューの衣装を台無しにしちゃうんです(笑)

 

人間ストーカー、チーコ

 

チーコは、とにかく人が恋しくて恋しくて仕方のない寂しがりやでしたね🐔

 

部屋の中から、庭で遊ぶチーコの様子を時折観察していたんですが、いつも可愛くて面白いこんな行動をとってくれました👇😉

 

庭で機嫌よく遊んでいても、玄関で人の声がすると一瞬我を忘れたように猛ダッシュでそばまで駆け寄って行くんです💨

 

決して餌が欲しいからとかではなく、自分の視界に人がいないと、どうにも不安なようなんですね😰

 

人間は自分の仲間だと思っていたでしょうし、外敵から守ってくれる頼もしい味方だとも思っていたのでしょう。

もう常に人の姿を追っかけてました。

トコトコトコ…って😉

 

いや、ひょっとしたら自分の事も人間だと思っていたのかも知れません(笑)

 

チーコは家族の中でも特に私の母親の事が大好きだったみたいで、庭で洗濯物を干したりしている時にも足元にまとわり付き、甘えた声を出して決してそばから離れようとしません。

聞いた話では、動物というのは人間の男性より女性の方により懐く傾向があるらしいです☝

ひよこの時から一生懸命世話をしてきたのは私なんですけどね(笑)

 

またある時などは、母が買い物に行くのに自転車を走らせた際、密かに背後に来ていたチーコは置いていかれるのがイヤだと思ったのか、全速力でその後を追っかけて行った事がありました💦

気付かない母は距離をどんどん開けて行くのですが、私が後を追いかけて、車がビュンビュン通る交差点の手前、すんでの所でチーコを確保したんですよー💧😩

 

もっと凄いのが、人の声だけではなく父と母が兼用で乗っていた車のエンジンの音まで記憶していて、その音が聞こえてきたら家族の誰かが帰ってきたと反応して玄関まで全速ダッシュをしていた事なんです!😱

 

こんな話、多分みなさん信じられないとは思いますが…

でも本当なんですよー👍

 

三歩あるいたらそれまでの事を忘れるだなんて誰が言ったんでしょうね、にわとりの事を😠

 

人間が愛情込めて育ててあげると、思いもしなかったような能力や知能が動物には備わっていて、それが開花したりするのではないでしょうかねぇ…😉✌

 

酉年への誓い

 

皆様、新年明けましておめでとうございます!

 

今年は酉年。

酉年の“とり”とは、“にわとり”のことを指します🐔

 

酉年生まれの人は、俗に頭が良いと言われてますよね☝

 

チーコも頭が良くて、よく感心させられたよなぁ…

寅年生まれでしたけども、チーコ(笑)

 

さてさて今年はいっぱいブログを更新したいと思っています。

 

酉年ぐらいは頑張らないと…(^_-)

 

今年も何卒よろしくお願い致します<(_ _)>

 

f:id:toppaddy3216:20170101221702j:image

 

“チー”から“チーコ”になった理由

 

毎朝5時を過ぎた頃…

近所迷惑には十分な鳴き声に飛び起きた後、小屋から出して勝手に遊ばせていたチーコも、私たちが学校や仕事に出かけて家を空けるタイミングで再び小屋へと強制収容する訳なんですが、何せ狭いスペースですからねぇ、ストレスとか感じていたんだと思うんです。

小屋の前面に張られた金網をくちばしで延々つついて音を立て、 

『いやや、ここから出さんかい!』

てな感じで、アピールをしばらく続けてるんですよー(笑)

もう外で遊ぶのが大好きな仔でしたから🐔

でも外に出たら出たで、野良猫や空中のトビなんかの外敵が視界に入ると、目を丸くしながら“クワックワッ”鳴いて、いつもビビっているくせにナァ…(笑)

 

そんなある日の事です。

私が学校から帰ってきて小屋の鍵を開け、いつものようにチーコを外に出してあげた時…

小屋の奥に真っ白な卵がポツンと置かれてあって驚いたんです😲

最初はウチの親が私をビックリさせようとイタズラ心でワザと置いたんじゃないか?って思いました。

で、確認してみたら、

「知らん知らん、チーコが自分で産んだん違う? チーコ、雌やったんやなぁ…」

 

ハハハ😁

笑いますでしょ?

そうなんです、この時までチーコが雄なのか雌なのか家族誰にも判らなかったんです😆

 

一番の理由は、朝早くうるさく鳴き出す事。

これって雄鶏の特徴だっていうイメージがありましたからねぇ。

この頃には以前アップした写真の時よりトサカも若干大きくなってましたし。

でも見た目はやっぱり雌っぽい… 

う~んどっちか確証が持てん??😵てな感じでしたね。

で、卵を産んでくれた事で、はっきり雌であると判った次第なんです。

チーコが我が家に来てから1年が過ぎた頃だったでしょうか…

 

その日からチーコはほぼ毎日のように卵を産むようになりました。

それで、その卵はありがたく食卓行きとなるのですが、何だか食べるのには抵抗があって、親父以外は皆食べなかったですねぇ😓

私なんか重症で、そのうち卵も鶏肉もまったく受け付けなくなってしまい、多少マシにはなりましたが、未だに卵と鶏肉嫌いは続いているという…

もうチーコが天国に行って30年にはなるというのに(笑)

 

若鶏の頃、チーチーってかわいく鳴いていた事から名前がチーになった事を以前の記事に書きましたが、卵を産んで女の子だとはっきり判ってからみんなが自然と、

“チーコ”

って呼ぶようになっていったんです😊

 

f:id:toppaddy3216:20161204000516j:image

f:id:toppaddy3216:20161204000539j:image